2013/04/05

57「の憂鬱」

○学校の生徒全員
X-MENのプロフェッサー・Xが設立した「恵まれし子らの学園」は生徒全員がミュータントである。

○街全員
アラン・ムーア原作「TOP 10」は街の住民全員がミュータント、能力者、宇宙人、怪獣などであり、その混沌とした街の治安を守る警察署の物語である。大変面白いのでおすすめ。



2013/03/15

56「リランチ(2)」



○クライシス
 1985年にDCが行った一大クロスオーバー「クライシス・オン・インファイナイト・アースズ」。それまで20以上あった平行世界をひとつにしてしまった大事件。3コマ目は事件の元凶、アンチモニター。


○フラッシュポイント
 2011年にDCが行った一大クロスオーバー。世界設定はある程度リセットされ、全てのシリーズが「New52」というシリーズ名で再スタートした。ヴィレッジブックスより邦訳版が発売されている。



なかなかの感動作なので是非読んでほしい一冊。

○栗まんじゅうが無限に増殖
「ドラえもん」(てんとう虫コミックス)17巻参照。

2013/03/08

55「リランチ(1)」


・アメコミ用語解説を実験中。初心者にわかりやすく親しみやすくなれば・・・!

2013/02/22

54「梟」


○バットマン:梟の法廷
NEW52でリランチしたバットマンの新シリーズ。(小プロより邦訳版発売中



フクロウ。それはコウモリの天敵。

 開拓時代からゴッサム・シティを闇で支配していた「梟の法廷」の一族。その実態は謎が多く、長い間都市伝説として語られるだけであった。しかしバットマンの出現により、真のゴッサムの支配者の座を巡り、バットマンに戦いを挑む。


 NEW52というDCのリランチで秘密結社「梟の法廷」とその暗殺者「タロン」という魅力的な強敵を新たに獲得しただけでなく、バットマンシリーズの第2の主役とも言える「ゴッサム・シティ」の新たなキャラ付けにも成功している。

 すこぶる面白いので、ぜひ読んでほしい一冊。3部作中の第1部ということなので、続刊の邦訳も期待したい。

いやぁほんと、バットマンには狂気がよく似合う!


○タロン
秘密結社「梟の法廷」により作られた暗殺者の名前。「爪」の意味。そのキャラクター性から人気があり、スピンオフシリーズも生まれている。


2013/02/15

53「罠」

○ジョーカーの罠
ジョーカーはよくクリスマスなどのイベントで、プレゼントに笑いガスなどの罠を仕掛ける。アメ子さんのコスプレはゴードン本部長。

祝日を題材にした連続殺人を追う「バットマン:ロングハロウィーン#1 #2」邦訳版が発売中。